評判も上々なリブマックスなら快適な部屋を見つけられる

持ち家とは異なるメリット

間取り

費用や転居における負担

賃貸住宅は、持ち家と比較すると、初期費用と維持費とがかかりにくい点がメリットとされています。具体的には初期費用は、持ち家の場合は、住宅ローンを利用しても、頭金で数百万円かかることが一般的となっています。しかし賃貸住宅の場合は、敷金礼金をそれぞれ家賃の1〜2ヶ月分用意するだけで済むのです。また持ち家の場合は、維持費として固定資産税に加え、必要に応じてリフォーム費用を支払うことになります。ところが賃貸住宅の場合、基本的にはどちらも支払う必要がありません。退去時に、クリーニング費用や修繕費用の支払いが要求されることもありますが、入居時に支払った敷金で賄われることがほとんどです。また契約更新時に支払う更新料は、敷金礼金と同程度の額となっているのです。さらに、家具や家電が備え付けとなっている賃貸住宅もあり、この場合はそれらを自身で購入せずに済みます。このように費用負担が少ないため、このメリットから住まいに賃貸住宅を選ぶ人は多くいます。地価が高めとなっている都市部では、賃貸住宅に特に高い需要があります。もちろん持ち家と異なり、資産として所有することはできません。しかしだからこそ、状況の変化などに応じて気軽に転居することが可能となっています。転勤になった時や、家族が増えたり減ったりした時などに、希望条件に合う別の賃貸住宅に、よりスムーズに移り住むことができるわけです。この身軽さもまた、賃貸住宅のメリットのひとつとされています。